<< | 2/30PAGES | >>

ギャラリーコンサート / チュニジア体験談トーク 佐伯モリヤス

昨日の夜、日本帰国しました m(__)m
こんどの水曜日(2月28日)都内・中野で『 ギャラリーコンサート 』を開催させていただきます♪

 

ギャラリーコンサート チュニジア 可知日出男 佐伯モリヤス 高橋新 佐藤りえ

 

・可知日出男 / 管楽器・語り・歌

・高橋新 / ギター

・佐藤りえ / ピアノ

・佐伯モリヤス / アラブ打楽器

 

料金 / 2,000円(飲み物、プレゼントCD付)

 

会場 / なかのZERO (B2展示ギャラリー)

東京都中野区中野2−9−7

[ JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口から徒歩8分]


会では、チュニジアの写真展示や、体験談などを交えながら楽しくトークする枠もございます〜(*^o^*)☆☆
〜足を運んでいただけましたら幸いです m(__)m 〜


(※ 携帯電話をチュニジアで紛失(?)の為、ただいま電話が不通になっております m(__)m )

 

─ 第8回なかのZeroArt展覧会(回顧展)─ [会期 /2月28日〜3月3日] 内ギャラリーコンサート


 

 

 

 


チュニジアの印象 / 佐伯モリヤス

すっかり慣れたチュニスに戻り、明日の飛行機でチュニジアを発ちます。

 

チュニジア 佐伯モリヤス

 

今回のチュニジア、北部の地域しか訪れることが出来ませんでしたが、立地的にも重要な豊かな土地で、土の色が黒い と感じました。


地中海の豊かな恵みの恩恵を受けながら、山には緑が敷き詰まる丘が多かったと思います。人々も温厚で物静かで、日本人に近いような気がしております。


〜 チュニジアでの記憶・印象をこれからの音楽活動に活かし走り続けます〜(*^o^*)♪♪ ♪♪

 

写真は、北アフリカ チュニジア共和国 旧市街と新市街の間に建つ「フランス門」


 

 

 

 


巨石文明より始まる岩の上の町 ケフ / 佐伯モリヤス

フェニキア人よりも前、ヌミディア人の巨石文明より始まる 『 ケフ 』 に来ました。

 

チュニジア ケフ 岩 巨石文明 佐伯モリヤス


この町の名前の意味は「岩」とのことです。岩の上に家が貼りつくようにひしめき合い、たたずむ町… 私はモロッコの「聖者の町ムーレイ・イドリス」を 思い出していました。
町へ行く道のりも、小高い丘にオリーブの木々が栽培されていたり、羊飼いがいたり… とても気持ちのよ い車窓でした〜(*^o^*)☆☆

 

北アフリカ チュニジア共和国 ケフにて


 

 

 

 


地中海 ハマメット海岸 波打ち際にて / 佐伯モリヤス

ボン岬半島 ハマメットの海岸に来ました。

 

ハマメット 地中海 チュニジア 佐伯モリヤス

 

今度は、憧れの地中海…波打ち際です…。寄せては返す、その波を見ていると、本当にゆっくりとした時間が流れているように感じます。波はまるで呼吸をしているようでした…。
シャッターを押してもらったのは、船乗りさんで、夏には、子供達に課外学習で海のことを教えているとのことで楽しそうに話してくれました〜(#^o^#)♪♪ ♪♪

 

北アフリカ チュニジア共和国 ハマメット海岸 パブリック・ビーチにて。


 

 

 

 


陶器の街ナーブル / 佐伯モリヤス

陶器の街「ナーブル」に来ました。

チュニジア 陶器 佐伯モリヤス


人類が、何度でも形の変更が可能な道具として、最初に発明したものは、土をこねて焼いて固めた陶器、土器ではないかと思っております。
土であれば、世界のほとんどの地域にもあります。木材はあまり生産できない地域もありますし、石器であれば、削りすぎたらやり直しが利きません。


〜 地中海沿岸では、陶器の文化が盛んです。陽気な太陽の光を浴びて、色鮮やかに映える様々な柄は素敵ですよね〜(#^o^#)☆☆

 

写真 / 北アフリカ  チュニジア共和国  ナーブル市の陶器とジューススタンド店にて。


 

 

 

 


チュニジアの青色 佐伯モリヤス

チュニジアン・ブルーといったら、こちらの「シディ・ブ・サイド」のことのようです。

 

チュニジア 佐伯モリヤス


小さい頃から 《 地中海 》 に憧れを持っていました…。様々な小さな島々があり、その明るく蒼い海の中を船が行き来し、さざなみの音とカモメの鳴き声が鳴り響く・・・その空気の中に身を置き佇む・・・。


今回は、アフリカ大陸からの岬、高い所からその展望を見渡すことができました・・・ (*^o^*)♪♪ ♪♪


 

 

 

 


カルタゴ探訪 / 佐伯モリヤス

カルタゴ・ハンニバル駅で降りて、その古代都市の中心だった「ビュルサの丘」に来ました。

 

チュニジア カルタゴ 佐伯モリヤス


以前より、遥かなる太古の時代に思いを馳せ憧れていたカルタゴ遺跡で、日光浴をしてその空気を楽しみました…。ずっと遺跡を照らし続 けている太陽、オリーブや様々な木々、その遺跡の中で、小鳥たちのさえずりに、なが〜く耳を傾け♪ 最高に心地よく時を過ごしました♪♪ 写真はないのですが 、羊飼いの人 、馬もいたんですよ〜(*^o^*)!!

 

北アフリカ、チュニジア共和国、カルタゴ地区にて。


 

 

 

 


チュニジアのカフェで / 佐伯モリヤス

北アフリカの、チュニジア共和国・チュニスのカフェに来ています。

 

チュニジア 佐伯モリヤス

あぁ〜…っ! やっぱりカフェはいいですね♪
特に、テラス席は、想像を巡らせながら、同時に、街の様子も吸収できる最適な場所ですね☆

 

モロッコでは、いつも寄っていたカフェ…  チュニジアでも愛好していきます。

 

〜 流れる空気、その土地の素材で作られた文化、その環境で作られる音、全身で受け止めながら イメージ創造を胸を膨らませます 〜


チュニジアへ 佐伯モリヤス

チュニジアに到着しましたー!

 

チュニジア 佐伯モリヤス

- 写真は、北アフリカ チュニス Av. Habib Bourguiba 新市街のメイン通りです。

 

飛行機の中から見たチュニジアの大地は、「黒い」 という印象でした。

上空から見た建物は、非常に整列されて並んでいるように窺えました。


カルタゴ国際空港から市バスで20分ほどで市街地に着きましたが、歩いているとゴージャスというか豊かさを感じました。これから安宿でゆっくり休みますが、始まる☆ 楽しみにですー(*^o^*)♪♪ ♪♪


乗り継ぎ空港でみた世界観 佐伯モリヤス

乗り継ぎで、カタール国・ドーハ空港に来ています。

 

佐伯モリヤス カタール国際空港


こちらは世界一のお金持ちの国とのことで、大学まで教育は無料、水道・光熱費も無料のようです!

ほんとに別世界なんだろうなぁと思います〜( ゚ー゚)☆


 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

PROFILE

categories

archives

search this site.

links

others

mobile

qrcode